専門薬剤師の分野と内容

専門薬剤師の分野と内容

看護師と同じように薬剤師も専門薬剤師と認定薬剤師という資格があります。専門分野に高度な知識と技術、経験を特化した資格を持つ薬剤師と言うことになります。

上記のような薬剤師になるためには、薬剤師の資格はもちろん必要です。専門薬剤師は、各専門領域の認定薬剤師の認定を受けます。さらに、研修や講習で知識と技能を習得し、試験に合格すれば専門薬剤師となります。

また専門看護師と同じように、五年ごとの資格更新があり、常に医学の進歩に遅れないよう配慮されています。現在認定・専門薬剤師の認定制度は五種類あり、各分野の認定薬剤師を取得すれば、次に同じ分野の専門薬剤師の資格を取得するというステップを踏んでいかなければなりません。

では資格取得後、どのようなお仕事が待っているでしょうか。一般的に知られる薬剤師とは、調剤薬局や、ドラッグストアにて勤務し、薬の調剤や薬についての詳細な説明をし、質問があれば答えるという仕事ではないでしょうか。

専門薬剤師は、医療の高度化や細分化された疾病のそれぞれに専門的な知識と経験で対応し、また研究をする仕事です。例えば、がん専門薬剤師ですが、抗がん剤等の専門知識を有する、薬物療法のプロです。ですからがん患者の治療するチームの一員として、薬剤の指導的立場にあります。

感染制御専門薬剤師では、感染症の発生率は昔の人に比べ高くなっています。その発生を抑えるための研究をしています。精神科専門薬剤師では精神疾患に関する知識を主に、これを薬物療法で効果的な治療に活かすようしています。

妊婦・授乳婦専門薬剤師では、産前産後における正しい薬剤の接種方法について指導的な立場にあります。妊娠中や授乳中は自赤ちゃんを優先でなかなか母体に無理をさせてしまうもの。これはお母さんにとって頼れる存在ですね。

最後にHIV感染症専門薬剤師です。感染症の中でも注目度の高いHIVですが、この感染症に対して患者の意思を含めて対処していきます。専門薬剤師は、その専門性を極め症状に対応するだけでなく、指導的な立場で後輩を育てていくと言う役割も担っているのです。